【黒い砂漠】ダークナイト(覚醒)の特徴と性能 -職業解説 (PvE)-

沿って | 2021年4月18日

こんにちは、Tylerです。
本日はダークナイト(覚醒)を解説します!

ダークナイトは太刀による豪快な一閃と
精霊の魔力を行使する魔法剣士クラスです。

精霊の力により武器を具現化する覚醒ですが、
どのような性能を有しているのでしょうか。

今回は覚醒ダークナイトの詳細を
検証を含めてまとめてみましたよ!

1. 概要

2017年に追加クラスとして実装され、
同年に覚醒、2020年に伝承が実装されました。

その内、覚醒ダークナイトは以下の特徴を持ちます。

  • 覚醒武器  :べディアント
  • 戦闘タイプ :近/中距離

2. 職業データ

■攻撃力:A

主要な攻撃にはコンボスキルが存在し、
追撃によるダメージUPを見込めます。

一方、中距離攻撃が軸となっているので、
近接攻撃の火力が少し落ちています。

■殲滅力:A

自身の周囲に展開する攻撃は減ったものの、
攻撃の射程が大幅に上昇しています。

近~中距離であれば相手との距離関係なく、
殲滅できる万能クラスに仕上がっています。

■機動力:B

中距離が対応可能になった代償として、
移動スキルの種類が少なくなっています。

接近する必要がない分、伝承とは異なる
中距離寄りの立ち回りが必要になります。

■CT管理:A

2021年の追加スキルによって手数が増え、
全体的にスキルの回転率が良くなりました。

近接スキルは性能があまり良くないので、
最低限の使用に留めておくと良いでしょう。

■操作感:A

トップクラスの単発火力を誇るので、
それらを回すだけで楽に狩りを行えます。

ダークナイトの弱点である打たれ弱さも
中距離攻撃によって克服できています。

3. キーポイント

■中距離に対応するスキルの数々

覚醒の主要スキルは距離を置いた攻撃で、
遠くから集団を殲滅することができます。

殲滅可能な距離と範囲はスキルによって
様々なので、性能を把握しておきましょう。

■トップクラスの単発火力を誇る攻撃

数あるクラスの中でも単発火力が特に高く、
強力なスキルを多数持つのが覚醒の強みです。

発生はそこまで速くありませんが、
扱いやすい攻撃が揃っています。

■魔法クラスに次ぐ耐久力の低さ

近接クラスの割に耐久力が低く、
被弾時の削られ量が大きいのが特徴です。

ただ、覚醒は距離を取って攻撃できるので、
距離感に気をつければ被弾を抑えられます。

4. おすすめスキル

■壊刃の雨

後退しながら上空に幻影剣を出現させ、
前方の広範囲に降らせる攻撃スキルです。

コンボ:凶刃なる暴風を習得することで、
幻影剣による2連撃が可能になります。

■憎悪の種

前方に巨大な幻影の木を出現させて
広範囲を攻撃するスキルになります。

コンボ:開花せし憤怒の一撃によって、
こちらも追撃が可能になっています。

■ラストブレス

強力な魔力を凝縮して爆発させる、
シンプルな範囲攻撃スキルです。

CT待機中でも使える便利な攻撃ですが、
この場合はデバフ効果が適用されません。

■ファントムチャージ

前進しながら周囲を攻撃するスキルで、
高速移動も兼ねる便利な技です。

CTが9秒と長く、依存はできないので、
接近スキルのスウィフトスラッシュと
併用して使うと良いでしょう。

■暗然たる雨雲

凝縮させた魔力を切り裂いて攻撃する、
2021年に追加されたスキルになります。

ラストブレスから素早く繋げられますが、
単発の中距離攻撃としても使えます。

5. 検証

今回の検証では狩場を選定して、
一般ドロップの数量を比較しました。
※アイテム獲得増加スクロール(上級)使用。

■基本データ

  • 狩り時間:30分
  • 主な装備:ラモー装備、カポティア一式

■格下狩場:ポリの森

  • ドロップ数 :7144個
  • 覚醒全体平均:6484個(13クラスでの暫定)

格下狩場では全体平均を
大きく上回る結果となりました。

中距離対応のおかげで接近する必要がなく、
その時間短縮が効率に繋がった印象です。

■格上狩場:シュルツ近衛隊駐屯地

  • ドロップ数 :4288個
  • 覚醒全体平均:3712個(13クラスでの暫定)

格上狩場でも全体平均を
大きく上回る結果となりました。

クラス随一の単発火力の高さによって、
堅いMOBも簡単に殲滅ができました。

6. 所感

精霊の力で作られた幻影剣を自在に操る点で、
伝承の戦闘スタイルとは大きな違いがあります。

太刀による一閃はしなやかで美しいのですが、
べディアントには剣を具現化するという
違った魅力がありますね!

精霊の力を具現化して圧倒したいという方は
覚醒ダークナイトを選ぶと良いでしょう。

ではでは、良きくろさばライフを!

7. 関連記事

■伝承

■クラス一覧