【黒い砂漠】忍者(覚醒)の特徴と性能 -職業解説 (PvE)-

沿って | 2021年3月16日

こんにちは、Tylerです。
本日は忍者(覚醒)を解説します!

忍者は忍術を利用して敵の背後に回り、
素早く致命傷を負わせる暗殺者クラスです。

6本の刀を変幻自在に操る覚醒ですが、
どのような性能を有しているのでしょうか。

今回は覚醒忍者の詳細を
検証を含めてまとめてみましたよ!

1. 概要

2015年に追加クラスとして実装され、
2016年に覚醒、2020年に伝承が実装されました。

その内、覚醒忍者は以下の特徴を持ちます。

  • 覚醒武器  :修羅刀
  • 戦闘タイプ :近距離

2. 職業データ

■攻撃力:A

単発でも高火力な攻撃スキルが多く、
コンボを組むことで更に火力を増強できます。

攻撃倍率とクリティカル補正に優れており、
耐久力の高い敵も容易に仕留められます。

■殲滅力:C

殲滅力特化の伝承とは正反対で、
範囲攻撃をほとんど持っていません。

連続攻撃に長けた斬撃は範囲が狭く、
殲滅は手数で補う必要があります。

■機動力:A

速度上昇のスキルや細かい移動スキルは
覚醒でも使用することができます。

伝承に比べて距離を詰めるスキルが多く、
これらはPvEとPvPどちらでも活かせます。

■CT管理:A

主要スキルのCTがほとんど10秒以下で、
攻撃のサイクルをハイペースで回せます。

殲滅力の足りない部分を手数で補うので、
間髪を入れずに攻撃できる強みがあります。

■操作感:B

覚醒は動作にもっさり感があるので、
いかに素早く動けるかが鍵となります。

ただ、素早く動くには精密かつ忙しい操作が
必要となるため、慣れるまでは少々大変です。

3. キーポイント

■コンボに適した高火力の攻撃

斬撃と一閃を中心とした前方への攻撃で、
驚異的なコンボ火力を誇るのが特徴です。

斬撃を連続で繰り出すスキルが多いので、
それらを繋げるだけでも高火力を出せます。

■基本姿勢と転換姿勢

覚醒には納刀した状態の基本姿勢と
抜刀した状態の転換姿勢があります。

攻撃スキルの使用で転換姿勢に変わり、
特定の攻撃スキルが強化されます。

■小回りの利く細かい移動の数々

忍者は細かい移動を複数持っており、
暗殺者クラス独特の機動力があります。

長距離移動のスキルはありませんが、
走る速度を上昇させるスキルを持ちます。

4. おすすめスキル

■殺意の一閃

前方に素早く接近して一閃で攻撃する、
敵との距離を詰める際に便利なスキルです。

移動距離が短いのがネックですが、
モーションの速さと火力に優れます。

■騰空白刃閃

前方の広範囲に剣気を放つ攻撃スキルで、
覚醒忍者の貴重な範囲攻撃になります。

高火力かつ広範囲と優秀な攻撃なので、
狩りにおいて要となるスキルです。

■殺:修羅暴雨刃

オーラを込めた修羅刀を頭上に投げ、
刃を雨のように降らせる範囲攻撃です。

モーションが長く、足が止まりますが、
HPを回復させる便利な攻撃になります。

■隙無煉斬

攻撃スキルから追撃を行うスキルで、
二刀流の斬撃を繰り出す攻撃になります。

HP回復と攻撃力増加のバフが付いており、
CTも4秒と短いので使い勝手が良いです。

■瞬盗脚

ジグザグに素早く移動するスキルで、
覚醒でも使用することができます。

覚醒は距離を詰めるスキルが多いので、
状況に応じて使い分けると良いでしょう。

5. 検証

今回の検証では狩場を選定して、
一般ドロップの数量を比較しました。
※アイテム獲得増加スクロール(上級)使用。

■基本データ

  • 狩り時間:30分
  • 主な装備:ラモー武器、トゥバラ防具、カポティア一式

■格下狩場:ポリの森

  • ドロップ数 :6382個
  • 覚醒全体平均:6484個(13クラスでの暫定)

格下狩場では全体平均を
やや下回る結果となりました。

範囲攻撃の少なさがネックで、
散らばるMOBの殲滅が大変でした。

■格上狩場:シュルツ近衛隊駐屯地

  • ドロップ数 :3894個
  • 覚醒全体平均:3712個(13クラスでの暫定)

格下狩場では全体平均を
上回る結果となりました。

耐久力の高いMOBに対しては、
単発火力の高さが光る結果となりました。

6. 所感

修羅刀という6本の刀を使いこなし、
侍になってしまった忍者です。

しかし、瞬殺の性能は衰えておらず、
健闘しているのでやはり暗殺者でした。

修羅刀での斬撃で侍寄りが良いという方は
覚醒忍者を選ぶと良いでしょう。

ではでは、良きくろさばライフを!

7. 関連記事

■伝承

■クラス一覧