【黒い砂漠】くノ一(覚醒)の特徴と性能 -職業解説 (PvE)-

沿って | 2021年3月11日

こんにちは、Tylerです。
本日はくノ一(覚醒)を解説します!

くノ一は忍術で敵を攪乱し混乱に陥れ、
素早く致命傷を与える暗殺者クラスです。

チャクラムに似た大型武器を使う覚醒ですが、
どのような性能を有しているのでしょうか。

今回は覚醒くノ一の詳細を
検証を含めてまとめてみましたよ!

1. 概要

2015年に追加クラスとして実装され、
2016年に覚醒、2020年に伝承が実装されました。

その内、覚醒くノ一は以下の特徴を持ちます。

  • 覚醒武器  :月輪刀
  • 戦闘タイプ :近距離

2. 職業データ

■攻撃力:A

高倍率の攻撃スキルが揃っており、
コンボなしの単発でも高火力を出せます。

月輪刀を投擲する中距離攻撃を持ち、
広範囲攻撃に長けるクラスです。

■殲滅力:A

あらゆる局面に対応できる多彩さがあり、
奥行きを意識した立ち回りが可能です。

MOBの配置に応じた攻撃を行うことで
多くの狩場で効率を出せるでしょう。

■機動力:A

基本的には伝承の機動力と変わらず、
細かい移動を得意としています。

長距離ダッシュを持っていないので、
機動力を出すには細かい操作が必要です。

■CT管理:B

多彩な攻撃スキルを持つ反面、
状況に応じて的確に使う必要があります。

各スキルのCTを把握しておき、
攻撃のサイクルを決めておきましょう。

■操作感:B

状況に応じたスキルの使用とCT管理で
操作が忙しくなりがちなクラスになります。

機動力を出すにも工夫が必要なので、
難しくはないものの、少々忙しい印象です。

3. キーポイント

■高い攻撃力と癖の少ない攻撃スキル

癖の強い伝承スキルとは異なり、
覚醒はシンプルなスキルが揃っています。

ただ、良くも悪くも攻撃手段が多彩で、
局面に応じたスキルの使い分けが重要です。

■中距離に対応する2種類の攻撃

月輪刀には中距離に対応したスキルがあり、
多少距離が離れていても殲滅が可能です。

格下狩りではMOBの集団に投げておいて、
別の集団に移動という立ち回りもできます。

■小回りの利く細かい移動の数々

伝承と同様で細かい移動を得意とし、
暗殺者クラス独特の機動力があります。

長距離移動のスキルはありませんが、
走る速度を上昇させるスキルを持ちます。

4. おすすめスキル

■廻天連舞

遠心力を活かした回転攻撃を行うスキルで、
自身で大きな円を描く広範囲攻撃になります。

基本的に密集地帯で使うのが効果的ですが、
少し前進できるので手前で使うのもありです。

■月輪ノ矢

月輪刀の形をした衝撃波を飛ばすスキルで、
くノ一の持つ中距離攻撃の一つになります。

衝撃波は発生とスピードが遅いのですが、
CTが7秒と短く、回転率の良い攻撃です。

■斬擲輪

月輪刀を前方に投げて攻撃するスキルで、
くノ一の持つ中距離攻撃の一つになります。

こちらはCTが12秒と長めになっているので、
月輪ノ矢と組み合わせて使うと良いでしょう。

■殺迅

月輪刀を前方に飛ばして瞬間移動する、
移動を兼ね備えた攻撃スキルです。

移動スキルにしてはCTが15秒と長いので、
伝承の補助スキルも併用していきましょう。

■乱撃:月輪ノ刃

前方広範囲に攻撃する月輪刀での乱撃で、
火力と範囲に優れた攻撃スキルになります。

CT待機中でも持久力消費で使用できるので、
他のスキルが使用不可のときに重宝します。

5. 検証

今回の検証では狩場を選定して、
一般ドロップの数量を比較しました。
※アイテム獲得増加スクロール(上級)使用。

■基本データ

  • 狩り時間:30分
  • 主な装備:ラモー装備、カポティア一式

■格下狩場:ポリの森

  • ドロップ数 :6529個
  • 覚醒全体平均:6448個(11クラスでの暫定)

格下狩場では全体平均を
上回る結果となりました。

月輪刀を投げる攻撃は使い勝手が良く、
狩り効率に大きく貢献していました。

■格上狩場:シュルツ近衛隊駐屯地

  • ドロップ数 :3788個
  • 覚醒全体平均:3628個(11クラスでの暫定)

格下狩場でも全体平均を
上回る結果となりました。

火力と範囲のバランスが良く、
堅いMOBの対処も何とかなりました。

6. 所感

月輪刀は珍しい見た目の武器ですが、
様々な攻撃ができる面白い武器です。

くノ一の第一印象といえば小刀なので、
たまに登場する大きな手裏剣を持った
忍者やくノ一のイメージでしょうか。

多彩な技と俊敏な動きを活かした狩りは
覚醒くノ一を選ぶと良いでしょう。

ではでは、良きくろさばライフを!

7. 関連記事

■伝承

■クラス一覧

  • 後日公開予定