【黒い砂漠】祭壇インプ生息地(エルビア)の狩り効率 -狩場レポート#42-

沿って | 2021年7月17日

こんにちは、Tylerです。
本日は祭壇インプ生息地(エルビア)を解説します!

セレンディアの狩場がエルビアの領域として
リニューアルされ、高難易度化しました。

緑色の魂が揺らめく祭壇インプ生息地ですが、
どのくらいの難易度になったのでしょうか。

今回はエルビアの領域、第二弾として
狩場の様子や金策効率を調査してきましたよ!

※エルビアの領域は経験値効率を
 調査対象外としています。

1. 狩場データ

■推奨攻撃力:270

適正攻撃力250は2人PTを想定したもので、
ソロだと更に高い攻撃力が必要になります。

ギミックは特定のMOBを倒すことで発動し、
そのためには素早い殲滅が必要です。

■金策効率:B

通常ドロップが16,000シルバーと高価ですが、
それ以外に金策向けのアイテムがありません。

古代精霊の武器の入手回数によって、
経験値・金策効率は大きく左右されます。

■アクセス:A

補給と修理は現地で行えます。
雑貨商人と厩舎を利用しましょう。

  • 補給:厩舎付近の雑貨商人で可能
  • 修理:厩舎で可能

■おすすめ度:C

2人のPTが組めれば候補に挙がりますが、
ソロだと候補に挙がりにくい狩場です。

ギミックも少々面倒なところがあるので、
オギエール属性の材料が欲しい場合は
沼フォガンも検討してみましょう。

2. キーポイント

■条件を満たすと追加のMOBが出現する

ネームドMOBを祭壇インプの旗に誘導し、
その場で討伐するとMOBが追加で出現します。

1体の討伐で10~15体ほど出現するので、
複数誘導してくると効率良く狩りを行えます。

また、時々ベグが出現することもあるので、
倒されないよう注意しましょう。

■誘導できる距離は無限ではない

ネームドMOBに一定のダメージを与えると、
テロップと共に誘導が可能になります。

しかし、長距離だと途中で帰ってしまうので、
旗の位置と移動距離を意識しておきましょう。

■制限時間付きの特効武器が出現する

エルビアの領域では時々古代精霊が出現して
特効武器を授けてくれます。(メインと覚醒で選択)

使用可能時間は10分と短いのですが、
他の武器を遥かに上回る攻撃力を持ちます。

※古代精霊と特効武器

3. 要注意エネミー

■祭壇インプブロウラー

MOBの出現に必要なネームドMOBで、
体格の良さを活かした格闘攻撃を行います。

トレーナーより攻撃力と耐久力が高く、
トリガーにもかかわらず倒すのが大変です。

■祭壇インプトレーナー

MOBの出現に必要なネームドMOBで、
オオカミに乗りながら斧を振り回します。

ブロウラーより素早く、攻撃が早いので、
範囲攻撃で巻き込むように攻撃しましょう。

4. ドロップアイテム

■道具類

・ブラックストーン(武器)

武器の強化に使用するアイテムです。

・ブラックストーン(防具)

防具の強化に使用するアイテムです。

・純粋な魔力の塊

ブラックスター装備の強化に使用される、
無欠な魔力のブラックストーンの材料です。

・オギエールの波

オギエールの理の製作に必要な材料です。
(ブラックスター改良素材)

・干乾びた川の涙

解放されたシルビアの息吹5個と
干乾びた川の涙1個を合成することで、
目覚めた川のネックレスを入手できます。

・空虚の種

狂気の花の製作に必要な材料です。
(ブラックスター改良素材)

・冷たき黒い太陽の涙

解放されたシルビアの息吹の前素材です。

・黒魔力水晶 – 威圧

兜に装着する黄色等級の魔力水晶です。

・黒魔力水晶 – 勇壮

手袋に装着する黄色等級の魔力水晶です。

・死の痕跡

入手が難しい錬金素材です。

・涙を浮かべる夜の欠片

孤独な荒波を抱いた盃の材料になります。
(アクセサリー改良素材)

■通常ドロップ

・渇望する瞳

祭壇インプ生息地の通常ドロップになります。

NPC価格:16,000シルバー/個

5. 検証

■基本データ

狩り時間:30分
キャラクター:TylerWZ(LV62)

※エルビア武器不使用

■ドロップアイテム

・使用バフ

  • アイテム獲得増加スクロール(上級):+100%

・結果

  • 装備類:0M
  • 道具類:4M
  • 通常ドロップ(1530個):24M

ソロだと誘導が大変なので、
結果として効率は出にくいです。

2人で場所の確保と誘導を手分けできれば、
金策効率も大きく上がるでしょう。

6. 解説動画

狩場の様子を動画にしました。
参考になれば幸いです。

よければチャンネル登録をお願いします!

7. 所感

2人PT推奨ですが、強さだけではなく
ギミックの仕組みからも2人必要でした。

2人で連携することを前提に作られているので、
ソロで挑戦するには難易度の高い狩場です。

アイテム改良がメインになる狩場ですが、
腕試しに訪れてみてはいかがでしょうか。

ではでは、良きくろさばライフを!

8. 関連記事

■エルビアの領域

■狩場まとめ一覧