【黒い砂漠】レザー釉薬の作り方!加工物に使う補強材を解説!

沿って | 2020年5月16日

こんにちは、Tylerです。
本日はレザー釉薬(ゆうやく)の作り方をご紹介します!

レザー釉薬は革や毛皮、羽毛等を強化する目的で
使用されるため、加工分野寄りの錬金物です。

他の錬金物とは用途が少し異なる中間素材ですが、
作製難易度はどのような感じなのでしょうか。

今回は材料の入手方法を中心に、
詳しく解説していきますよ!

1. 製作データ

■レシピ

・レザー釉薬

  • 澄んだ液体試薬 x 1
  • 闇の粉末 x 2
  • カエデ樹液 x 3
  • 飛翔の痕跡 x 3

■特徴

・主に最上級レザーの材料として使用する

基本的には最上級ソフトレザー等の
最上級レザーの材料として使用されます。

他の補強材とは異なり、
使い道は最上級レザーのみです。

・取引所での価格が高く、金策向きの錬金物

レザー釉薬は1個20万シルバー前後という
高い値段で取引されており、金策に向いています。

また、最上級レザーは様々な分野で
使用するため、常に一定の需要があります。

2. 材料の入手方法

■澄んだ液体試薬(1)

錬金の基本となる材料です。
この他にも使い道がたくさんあるので、
これを機にストックしておくと良いでしょう。

作り方の詳細はこちらから↓

■闇の粉末(2)

おすすめの入手方法を2通り紹介します。

1. 労働者派遣で入手する

闇の痕跡は鉄鉱石の副産物になります。

労働者を派遣するのであれば、
ハイデル北部採石場や廃鉄鉱山がおすすめです。

2. 取引所で購入する

錬金はあまり人気がないせいか、
取引所に在庫があることが多いです。

価格変動はあるものの、
1個2,000~3,000シルバー程度で購入できます。

■カエデ樹液(3)

1. 自力で採集する

カエデはオークキャンプの西、
デミ川の西側に多く生息しています。

2. 労働者派遣で入手する

カエデ樹液はカエデの原木の副産物になります。
労働者の派遣先は廃城跡がおすすめです。

■飛翔の痕跡(3)

入手の難しい材料ですが、
おすすめの入手方法を2つ紹介します。

1. 労働者派遣で入手する

古代の石室(西部警備キャンプ周辺)で
派遣1回につき1~3個手に入ります。

1回2~3時間と作業時間が長いので、
作業の早い労働者を派遣させましょう。

2. ユリア武器を加熱加工する

あまり知られてないマイナーな方法ですが、
ユリア武器を加熱加工しても入手できます。

1回の加熱で1~4個入手できます。
ユリア武器は安く売られていることが多いので、
購入して加熱加工しても良いでしょう。

3. 検証

名匠Lv2のキャラで100セット作ってみました。
その結果がこちらになります。

  • 木材強化剤 : 154個
  • 光る粉 : 2個
  • 未知の触媒 : 3個

100セットに対し、154個生成できました。
概算ですが、1.5倍の個数になります。

4. 所感

補強材シリーズ、第四弾はレザー釉薬です。

冒頭でも記載しましたが、
「レザーゆうやく」と読むそうです。
調べるまで読めませんでした…

需要が出てきたのか、
取引所の価格が上昇しているので、
金策の狙い目かもしれません。

ではでは、良きくろさばライフを!